ふたり農業1年生日記

貧乏脱サラ夫婦の新規就農に関する出来事の日記
プロフィール

ハマオ

Author:ハマオ
兵庫県出身
1976年生まれ

脱サラして夫婦で
農業で独立を決意をしました。
2010年4月から
1年間の研修が
鳥取県でスタート。

お金もコネもないけれど
将来ブドウの観光農園を
実現する為
日々の奮闘記を書いていきます。

新着記事
全記事表示リンク
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
最新コメント
FC2ブログ紹介
楽しい機能がたくさん♪ ブログ
FC2レンタルサーバー紹介
FC2ランキング紹介
ランキング参加しよう♪ FC2ブログランキング
FC2アフィリエイト紹介
お小遣い稼いでみる!? アフィリエイト・SEO対策
FC2カウンターご紹介
リアルタイムに気になる アクセス数を確認♪ カウンター
FC2カウンター
☆******訪問者数******☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
農産物直売所への思い
昨今の健康ブーム中国の農薬問題産地偽装などで

より安全・安心が求められ食育への関心が高まっています。

その影響からか地元のとれたて新鮮な野菜

安く手に入る直売所が人気です。

新鮮」「安全、安心」「安い」が売りである直売所

● 自分で作ったものの出荷に限る

 朝に収穫した取れたて作物に限る

など

ほとんどのお店が自主ルールを設定し

違反者には出荷停止などの厳しい罰則を規定しているようです。

また、使用した農薬や生産者の顔写真

野菜の選び方や、調理法など

いろんな情報を公開する店が増えているようです。

メリット・・・

1、お客様は「新鮮取れたて~もぎたて」という

  付加価値ある野菜や果実が安い価格で買える。

  遠いところから、手間かけて来てでも

  購入に値する価値がそこにはあります。

  しかも生産者の直売であるため安心である。

2、生産者にとっては直接、お客様に販売できる事は

  コミュニケーションとれてお客様のニーズを聞きだせ

  ファンになって頂けるチャンスです。

  直販の為、市場ルートを通さないので、

  自分で価格を設定でき

  市場出荷よりも2~3倍の収入になります。

3、農家さんが一生懸命に育てた作物なのに

  形が悪いなど流通にのらない規格外品の

  作物を販売でき、小規模農家も出品できます。 

デメリット・・・

1、趣味で野菜などを作っている方と

  生計をたてているプロ農家の方と

  いろんな方が出荷している為、

  価格競争が発生し、

  適正相場を下回ってしまう恐れがある。

  値崩れをおこし価格破壊の恐れがある。

2、売れ残りは出荷者が引き取らなければならない。 

3、市場に出荷するより、手間ひまが増える。

と、いろいろと手間ひまがかかりますが、

生産から販売までたずさわれるという事は、

自分達が愛情を注いで作った作物を

自分達の頭や体を使って売る事ができるという事は
 
通常の販売者と大きな差別化ができ

その作物の情報はだれよりも知っているわけだから

より説得力があると思います。

必ず手間ひまがかかる以上の効果があると

私達は、信じています。





今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/  

 

もっと新規就農の記事を読んでみたいと思ったら 

  ↓                  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  
にほんブログ村   FC2 Blog Ranking

 

 


 

 

 


スポンサーサイト
農業経営 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 野菜ソムリエ | home | 天使と悪魔の両方の顔を持つ自然と農業は・・・ >>
コメント
直売所、高品質なところは遠方からでも来ますよね。

私達も最初は野菜で就農しようと考えていて
つくば市にある「みずほの村市場」という所に研修に通ってました。
そこは直売所としてはかなり成功している所で
価格もかなり高めでした。

価格崩壊を起こさないように、新規で参入した農家は
今居る人と同じ作物と同等それ以上の価格設定が義務づけられていて
「安い」だけでは戦えないシステムになっています。

つまり、売れたければより美味しい物を作る。
試食やメニュー提案に趣向を凝らす。
お互いが切磋琢磨し合って利益を生む構造ですね。

でも、色んなトマトを食べ比べましたが確かに味が違う!
甘みと味が濃く、自然な風味を感じるのです。
土作りからこだわれるのも、高価格を維持できる
みずほの村のシステムのお陰なのかも…

POSシステムでリアルタイムに売れ行きが解るので
一日に何度も出荷している生産者もいらっしゃいました。
無くなりそうになったら畑に行って収穫&出荷。
お客様は文字通りの「獲れたて」を購入できる。


そんなかなり高めの(市価の二倍近く)お野菜ですが
平日でも駐車場は満車状態、休日には行列で
県外ナンバーも多い人気直売所でした。
味が良ければ、楽しめればお客様が来てくださる。
生産者もモチベーションがいや増すというものですよね。

蓮池があったり家畜と触れあえたり収穫イベントがあったりと
ちょっとしたグリーンツーリズムも味わえたりと
「買う」以外の付加価値があるところは強いですよね。


本当、作るだけでなく売り先まで含めて考える…
今後の農業には不可欠な要素ですね。
2010/04/02 Fri| URL | honeycomb farm 萱
[ 編集 ]
honeycomb farm 萱さん

そうなんですか~
「みずほの村市場」という直売所。
以前、カンブリア宮殿で見ましたよ~
食い入るように観てしまいました。
そこで研修を受けられたのが、
凄くうらやましいです。

「みずほの村市場」のような直売所が
近くにあればいいのですが、私達の周辺に
あるかどうか・・・

直売所出荷で生計をたてれたらと考えてますが、
通常は価格競争に巻き込まれてしまうと思います。

価格競争にあわない対策が必要です。

やはり「みずほの村市場」のような
直売所が近くに欲しいです。
2010/04/08 Thu| URL | ハマオ
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。